読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年

書くと言いつつも書くのを忘れてしまうというのをやってしまった。そんな感じで最後にまともに更新したのは2015/11/2で、2016年は更新0。誰かに見てもらうとかじゃないけど、色々あって(ヲタク的なことで)色々な変化があってその時の自分の気持ちだったり考えを記すことが出来なかったのは後悔がある。。

その時の気持ちを今振り返って書いてもギャップが凄いことになってしまうと思うので、とりあえず次の記事では行ったイベントの一覧だけはまとめて見ようかね。

 

簡単に出来事そのものを振り返ってみると、大きく変わったのは2月かなと。まず1月には乃木坂の全握個握があったくらいで特にライブやイベントがなく大きな変化も無かった。2月は乃木坂的には例年のバースデーライブが延期になり代替措置として初の46時間TVがあり、末の京都握手会があったくらい。ライブ大好き人間としてはライブが観れずモヤモヤとしていたのはハッキリと覚えてる。そこで様々な現場に行ってる知人からの紹介で初めて地下アイドルのライブを観に行ってみた。完全にここが転機。日付も覚えていて2/21。46時間TVの真っ只中だったけどそれでも行くくらい刺激が欲しかったんだろうと思う。6,7組のアイドルが出演したライブで観たのはPassCodeとBELLRING少女ハートの2組、共にアイドルらしくないアイドルだけどクオリティがしっかりしていて、これぞライブ!って感じだった。ハマったのはPassCodeで、YouTubeでTIF2015の映像を少し観たくらいで楽曲が全然分からなかったけどその分もっと知りたいという気持ちが出てきたのかもしれない。メンバーの高嶋楓(推しメン)と人生で初めてチェキも撮ってみちゃったりしてみちゃいました。笑

そんな訳で新たなアイドルに出会い乃木坂にはない魅力に惹かれずぶずぶと沼にハマっていきました。結果的に主現場となり、3月末に初の大阪遠征、5月にはアルバムのリリイベで大阪遠征、6月には友人とFREEDOM名古屋、7月にはアルバムツアーで仙台遠征、8月はZepp Diver Cityでツアーファイナル、9月でイナズマロックを含めた関西遠征、10・11月は少し控えめにして、12月はツアーで仙台新潟・大阪香川遠征と新木場STUDIO COASTでツアーファイナルとなかなかに濃かった気がします。2017年もPassCodeがメインでヲタクすることになると思います。

f:id:nnhkngzk46:20170208022243j:image

 

次にハマったのがゆくえしれずつれづれというグループで、これもPassCodeを紹介してくれた知人のオススメでした。ハードコアなグループでメンバー全員がハイクオリティのシャウトをこなす今後が楽しみな存在。まだ遠征もしていないしイベントも多くは行けてないけれど、2017年も継続して観ていきます。

f:id:nnhkngzk46:20170208022915j:image

 

肝心の乃木坂はと言うとあまり推せなくなってしまいました。紅白歌合戦にも出場するなどグループとして行くところまで行けたと感じています。あとはドーム公演やスタジアム公演だと思いますが、これはもうタイミングの問題だと思いますし、正直一つのグループとして完成されてしまったと個人的に感じてしまったのが理由で、それぞれのメンバーは好きだし番組も観ますが現場に行く回数は2015年と比べると激減しました。友人のお陰で深川卒コンに行けたり、全国ツアーで友人と仙台遠征、神宮バースデーなどは楽しかったです。2017年は橋本卒コンなど節目節目で行けたら。

f:id:nnhkngzk46:20170208023825j:image

 

最後に欅坂46について。結成当初から継続的に観てきましたがメインになることはなく一つの楽しみぐらいである程度のモチベーションがキープされてた気がします、12/23までは…。2015年12月のゲリラ握手会で渡邉理佐に引き込まれるも何とか持ちこたえ、デビューカウントダウンライブに行き1stシングルの個握で数回行って「やっぱり可愛い」となるものの持ちこたえ、2ndシングルの全握でもやっぱり可愛いかったけれど持ちこたえ、めざましライブや@JAMに行って楽しんでしばらくは落ち着いていたのですが、12/24.25に行われた有明コロシアムワンマンで見事にビビッと来ました。渡邉理佐が1stの時よりも見違えるくらい良くなってたのです。特に表情が良かったです。そのノリでCOUNTDOWN JAPANにも行き、今後も追っていこうと思いました。f:id:nnhkngzk46:20170208025204j:image

 

ザッと四グループについて書きましたが、2016年は色々な他のグループを見たり、ちょっと距離を置いて違う視点から見てみたりと、感じることは沢山ありました。その一つ一つを2017年はちゃんとブログに書き残していきたいと思います。